お台場醸造所 
〜日本酒造りの工程〜

酵母を機械で培養します。

酵母(微生物)は、 酒の基盤となる酒母

培養されます。
蒸し機 蒸し器です。

出来上がった蒸し米は麹(こうじ)造り(製麹)

酒母造りに使用されます。
米・水・イースト 水+蒸し米+培養した酵母で酒母を作ります。
仕込み 酒母に、麹(こうじ)、蒸し米、水でもろみを作ります。

酒母中の元気の良い酵母がぶくぶく二酸化炭素を出しています♪
ろ過 連続搾り機で固形部分(酒粕)と液体部分(日本酒)

とに分けます。上槽とは、もろみを原酒と酒粕に分離する

ことです。
貯蔵 左手のタンクで「滓引き」を行ないます。

一週間するとタンクの底に滓が沈殿し、上澄み(澄んだ部分)を

抜き出します。 清澄になった日本酒には、まだ微細な粒子が

浮遊して いるので、 ろ過を行い、さらに清澄にします。

最後に、右手のタンクで貯蔵します。

台場醸造所&はなしべ記念館
メッセージ
台場醸造所で感じた酒の声
お台場醸造所のお酒
「お台場仕込」の紹介

Topへ戻る